消費者金融と銀行カードローンの違いについて

今すぐお金を借りるなら自己解決のカードローンがおすすめですが、ここで質問なんですが、消費者金融と銀行カードローンは何が違うのでしょうか?銀行がたくさんあるようにカードローンもたくさん種類があり、なにがなんだかわかりませんよね。

 

まず、消費者金融と銀行カードローンの金利を比べてみると、消費者金融の金利>銀行カードローンの金利となっています。銀行カードローンの金利の方が平均的に見るとが低くなっています。金利の部分だけで言えば断然、銀行のカードローンがいいと感じる方も多いと思いますが、申込みから借入までのスピードを比べると消費者金融の方がスピーディーに対応してくれます。

 

ここでは、消費者金融と銀行のカードローンの違いや内容の比較を紹介していきます。

銀行カードローンと消費者金融のキャッシング情報を紹介!

プロミス

急ぎの場合はプロミス!最短1時間融資も可能!

  • 審査の回答時間最短30分!
  • 来店不要自宅への郵送もなしで利用可能!

◎→プロミスの詳細はこちら

 

実質年率 審査時間 評価
4.5%~17.8% 最短30分

 

 

モビット 
モビット

バイトの方も申込みキャッシングOK!

  • WEB完結で来店なし!自宅への郵送なし!
  • 即日融資も可能!

◎→モビットの詳しい情報はこちら

 

実質年率

審査時間

評価

3.0%~18.0%

10秒簡易審査

消費者金融,銀行カードローン

※当日融資には、14:50までの振込手続き完了が必要です。
※審査結果によっては、ご希望に沿えないこともございます。
※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取り扱いとなる場合があります。

 

消費者金融と銀行カードローンは金利が違います!

消費者金融のカードローンは審査の回答時間が早く審査に通れば、すぐにお金を借りることができます。その分、金利が高いというのが特徴です。銀行カードローンの場合は、各会社によって審査の回答時間が変わりますが消費者金融に比べると遅いようです。その代わり消費者金融に比べて金利が低いのが特徴です。

 

消費者金融の金利の平均が3.0%~18.0%だとすれば銀行カードローンは平均4.0~14.5%です。最低金利がもう少し低いところもありますが、このくらいの金利になっています。

 

パッとみると消費者金融の方が金利が低いと思う方もいるでしょうが、ほとんど最高金利で取引をしています。

 

まだまだある消費者金融と銀行カードローンの違い!

金利も大きく違いますが、銀行のカードローンと消費者金融の利用の場合だと利用できる申込み対象者にも変化があります。ここでは、その違いを紹介していきます。

総量規制について

金利以外にもっと違うのが、銀行のカードローンは総量規制の対象外ということです。

 

消費者金融は総量規制あるので、決められた金額しか借りることができませんが銀行のカードローンの場合は総量規制の対象外なので決められた金額を超えても借入可能です。

 

総量規制とは、年収の3分の1以上借りることができないという法律ですが、車や家のローンはその中には入っていません。

 

また、総量規制の対象外で大きく影響するのが専業の主婦です。

 

銀行のカードローンであれば、総量規制の対象外なので、働いていなくても、扶養に入っていれば借入の可能性もあります。

消費者金融と銀行カードローン比較のまとめ

消費者金融と銀行カードローンの違いは、金利とキャッシングまでのスピードにあります。急いでお金を借りたい場合は消費者金融を利用しましょう。特にプロミスなら、ネットは24時間いつでも申込みができ、自動契約機でカードの発行もできます。時間に余裕がある場合は銀行のカードローン!銀行カードローンの場合は金利が低い分サービス面が消費者金融に比べて少し見劣りするところもありますが、金利の低さにポイントを置いている方には気になりませんね。

 

消費者金融は金利が高いですが、その分いろんなサービスでカバーされています。例えば、プロミスの場合だと初めての方がお試ししやすいようにメールアドレスとWEB明細書利用登録で30日間無利息サービスを受けることができます。他にも、三井住友銀行かジャパンネット銀行の口座を登録することで24時間最短10秒で振込キャッシングも可能です。
カードローン選びに迷っている方は自分の状況とサービスを照らし合わせて自分に合ったサービスのカードローンを選べば便利に使えるでしょう。

 

銀行カードローンも即日融資可能!?